大森歯科・口腔外科

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.0294-87-8108(予約制)

予防歯科・小児歯科

Medical

予防歯科

予防歯科は、むし歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアが大切です。
歯みがきなどのセルフケアだけでは、むし歯や歯周病の原因である歯垢や歯石を完全に取り除くことはできません。
歯科医院で定期的にPMTCや口腔内診査などのプロフェッショナルケアを受けることで病気の原因をしっかり取り除き、むし歯や歯周病にならない健康な口内環境を維持していきましょう。

予防歯科で大切な3つのポイント

予防歯科で大切なことは3つです。

1.フッ素を口内に残す
自宅でできるセルフケア
  • ・フッ素配合歯磨き剤を使う
  • ・すすぎ過ぎない
プロフェッショナルケア
  • ・フッ素塗布…高濃度のフッ素を塗布してむし歯を予防します。
2.歯垢を残さず落とす
自宅でできるセルフケア
  • ・歯ブラシで歯の一本一本を丁寧に磨く
  • ・デンタルフロスを使って隙間の歯垢を取り除く
プロフェッショナルケア
  • ・スケーリング…スケーラーという器具で歯石を取り除きます。
  • ・PMTC…セルフケアでは落としきれていない歯垢を専用機器で落とします。
  • ・歯みがき指導…歯みがきに自信がある人でも、意外に磨けていないことが多いです。ひとりひとりのお口に合った歯みがきの仕方をお教えします。
3.細菌を増やさない
自宅でできるセルフケア
  • ・デンタルリンスなどの殺菌剤で口内の隅々まで洗浄する
プロフェッショナルケア
  • ・口腔内診査…歯や歯ぐきの状態をチェックします。口内細菌の数も調べます。
  • ・シーラント…歯垢が残りやすい歯の隙間などを、あらかじめ樹脂などでふさいでむし歯を予防します。

小児歯科

お子さんの歯はいずれ生え変わるからといって、むし歯やお口の気になる症状を後回しにしていませんか?
乳歯は永久歯の大切な道しるべの役割を持っていたり、かみ合わせやあごの発育などは全身にも影響します。お口はもちろん、お子さんの全身の健康を守るためにも、歯科医院と一緒にお口の健康管理を行っていくことが大切です。

乳歯の重要性

乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備の役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長、知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。

お子さんの歯はとてもデリケートです

乳歯は永久歯と異なり、柔らかく、むし歯になると進行も早いことが特徴です。乳歯がむし歯になると、永久歯もむし歯になるリスクが高まるため、予防することが非常に大切です。また、永久歯も生えたての時期は表面が粗く、むし歯になりやすい時期ですので、気を付けましょう。むし歯かな?と思われたら、お早めにご相談ください。

むし歯になりにくい歯へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌も存在しません。
では、なぜむし歯になるのでしょうか?
むし歯は「感染症」です。つまり、お口のスキンシップなどを通じて周囲の人からお子さんにむし歯菌が移り、むし歯に感染してしまうのです。

むし歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間と言われています。この1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、周囲の人と同じ箸やスプーンを使わない、噛み与えをしないなどのお口のスキンシップを控えることで、むし歯に感染するリスクを減らすことができます。

普段の生活でお口の健康のために意識してほしいこと

・甘いおやつやジュースは砂糖を使わないものにする
(キシリトール入りのお菓子、かぼちゃやさつまいもをふかしたもの、麦茶など)
・食べ物はよく噛んで食べさせる
・食べ終わった後はすぐに歯磨きをする
・歯を磨けない場合には水や砂糖の入っていないお茶でお口をゆすぐ など

その他、改善したほうが良いと思うことがありましたら、診察時に適宜アドバイスさせていただきます。